恐竜の絶滅理由や原因総まとめ!なぜ恐竜がいなくなったのかがわかる

なぜ恐竜は絶滅してしまったのでしょうか。

いろいろの研究者により多種多様の研究があり、そのでたくさん生み出された仮説や推測が存在します

本記事では恐竜絶滅の理由や原因を総まとめしています。

もしあなたは恐竜が生きていたらどうしますか?

まさか恐竜人間がいた!?

今では全く存在しない恐竜。
その恐竜が今もなお生きていると考えたら、胸がワクワクしませんか?

実は恐竜が絶滅しなかった場合の研究もされています。

あくまで推測でしかないのでどの研究も信憑性に欠けますが、一番多く言われているのは恐竜人間「ディノサウロイド」が存在したかもしれないと言われている事です。

ディノサウロイドが存在していた人間はどのような扱いを受けていたのでしょうか。

恐竜人間「ディノサウロイド」や恐竜が生きていた場合の様々な仮説についてはコチラ。

学術的には絶滅していない

学術的に考えると、恐竜は絶滅しないという定義となっています。

その理由は、まず恐竜は鳥に姿を変え進化したと言われているからです。

近年様々な研究により、恐竜は鳥に酷似しているという事が分かっており、様々な根拠も見受けられます。

恐竜の姿こそありませんが恐竜は鳥に姿を変え、今なお生きていると考えるとワクワクしますよね。

 

なぜ恐竜は絶滅したのかその原因とは?

今なお議論され続ける様々な「恐竜絶滅説」

年々真実に近づきそうになりつつ、実は全く違っていた。ということは恐竜の研究においてよくある話。
もちろん誰も見たことがないので確実に結論にたどり着くのは難しいかもしれませんが、その中でも熱心に研究され、様々な仮説が立てられています。
我々が幼い頃から教えられてきたのは地球に隕石が衝突し、恐竜は絶滅したという事ですが、その他にも実は様々な恐竜絶滅説があります。
いろいろな恐竜絶滅説についてはコチラ。

初めは信じられていなかった隕石衝突説

世界中に存在する恐竜を一網打尽にしてしまうほどの衝撃が加わる隕石が地球に落ちたなんて誰も信じるはずがありません。

ですから、世界中に隕石が衝突して恐竜が絶滅したという事が提唱されてから認知されるまでに10年の期間を要しました。

隕石が衝突した仮説をアルバレス仮説と言います。

世界中に隕石が衝突し恐竜が絶滅したと認知してもらうのには困難を極めました。

ですが、様々な協力のもとこのアルバレス仮説を、実証する事ができたのです。

地球に衝突した隕石

一番ポピュラーである隕石衝突説が正しい場合、地中に降り注いだ隕石はどのくらいの大きさなのでしょうか。
答えは直径約10km程度と言われています。
その衝撃により、ほとんどの生命が失われたといわれています。
言葉にするのは簡単ですが、想像するのは非常に困難。
こちらの記事では地球に衝突した隕石の大きさと、場所や衝撃力などについて詳しく解説しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です