恐竜を絶滅させた隕石の大きさと場所は?衝撃力も超ヤバかった!

 

本当に隕石は衝突した?

おおよそ隕石衝突説で間違いないと言われていますが、断言されている事はありません。
恐竜が絶滅したのは隕石落下説以外にも様々ありますが、その中でも一番有力なのは隕石衝突説です。

隕石が落ちた場所

衝突したと言われている国はメキシコの東部のユカタン半島。

 

隕石の大きさ

隕石衝突説から隕石の大きさを引用すると推定約10km。
何となく聞き流してしまいそうな大きさですが、よくよく考えてみるととんでもない大きさ。
「スカイツリーを約11基積み上げた直径」と考えるとその大きさを実感する事ができるのではないでしょうか。

また、地球の直径は約1万2000km。
約12分の1の大きさの隕石が地球に衝突したんですね。

 

約1000万km先でも恐竜が全滅するほどの衝撃

その衝撃力は火薬100兆トン分ともいわれています。
火薬100兆トンと言われてもちょっと想像が突きませんが、風速で言うと時速約965kmの風も発生させるほど。
このすさまじい風は大木をを次々になぎ倒しました。

 

隕石衝突でなぜ恐竜が絶滅した?

マグニチュード10.1を記録

この大地震が起きたことにより、地球上の生物がほとん絶滅しました。
ただし、全ての恐竜が絶滅したわけではありません。

衝撃で舞い上がったホコリが太陽光を遮断

大きな小惑星(隕石)が衝突したことにより、地面にあったホコリや硫黄化合物が空中に舞い上がりました。

隕石が落ちた場所は運が悪く、硫黄化合物が非常に多い地域。

時速約965kmの風速は、空が見えなくなるくらいの大量の硫黄化合物やホコリを舞い上げたのでした。

その結果は、太陽光が遮られてしまいます。
太陽光が届かなければ植物は、光合成できません。

食べ物がなくなり恐竜は全滅

植物が育たなければかろうじて生きていた草食恐竜は絶滅に追いやられます。

草食恐竜が絶滅してしまえば、草食恐竜を食べて生きていた肉食恐竜も絶滅に追いやられてしまうのです。

津波による追い打ちも

大きな衝撃が地球に加われば当然津波が発生。
隕石衝突レベルの津波となれば、大きな恐竜たちも簡単に飲み込まれてしまいます。
この津波により死んでしまった恐竜たちも大量にいます。

このように隕石が衝突したことにより、ほとんどの恐竜は絶滅し、衝撃によって舞い上がったチリにより太陽光が遮られ、食物連鎖が途絶え恐竜は絶滅してしまったというのが隕石衝突説です。

かろうじて生き延びた生物たち

教授は隕石で絶滅してしまいましたが、食べ物がいらない生物は生き延びたといわれています。

その中でもゴキブリは有名な話ですよね。

隕石衝突説以外の恐竜絶滅説もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です