チンデサウルス|チンデポイントのトカゲ

チンデサウルスは今なお化石があまりそろっていない恐竜です。

チンデサウルスの詳細

  • 科名・・・ヘレラサウルス科
  • 全長・・・約2メートル
  • 体重・・・50kg ~60kg
  • 食性・・・肉食
  • 時代・・・三畳紀後期
  • 分類・・・竜盤類「獣脚類」
  • 化石発見場所・・・アメリカ

チンデサウルスは、今なお頭の骨が見つかっていません。

チンデサウルスが発見された場所はアメリカのアリゾナ州。
この地にある「化石森国立公園」から発見されました。

またこの化石森公園はその名の通り、いろいろな種類の化石が発見される場所。
主に発見される化石の時代は三畳紀後期。

チンデサウルスの特徴

チンデサウルスは約2メートルとやや小柄。
また後ろの足が、他の恐竜と比較すると長いという特徴があります。

化石があまり発見されていないため、いまだ解明されていないことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です