タワハラエ

タワハラエ

出典:wikipedia

タワハラエはアメリカで発見された肉食恐竜。

タワの概要

  • 科名・・・未定
  • 全長・・・2メートル
  • 体重・・・15kg 前後
  • 食性・・・肉食
  • 時代・・・三畳紀後期
  • 分類・・・竜盤類「獣脚類」
  • 化石発見場所・・・アメリカ

 

タワの特徴

タワという名前は、アメリカ南西部の太陽の神様の名前に由来しています。

タワハラエの化石は2004年に初めて発見されました。

また、かなり綺麗な状態でタワの化石が数体見つかったことで有名です。

綺麗な状態で見つかったことから、「気嚢」があるということも解明されています。

タワハラエはヘレラサウルスやエオドロマエウス、スタウリコサウルスと同じように竜盤類獣脚類。

タワハラエの特徴としては大腿骨が非常に長いという事。
また、三畳紀後期に生きていた恐竜の中では大きさは並み。
そしてヘレラサウルスと比較するとやや細身であるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です